ゲーム初心者必見!親子で楽しめる『ポケットモンスタースカーレット・バイオレット』レビュー

ゲーム

外は暑いし、コロナに感染するリスクもあるので、人込みは避けたりしていると、おうち時間が長くなる方もいると思います。そんなおうち時間、子供と一緒にゲームをして過ごすのはどうでしょうか?しかし、いきなりゲームと言われても初めてゲームをさせるにはいろいろと悩みが出てきますよね。

  • 子供にゲームをやらせてみたいけど、いきなりだと難しいのでは?
  • 親子で楽しむことは可能なのか?

などはじめてゲームをやらせる時はいろいろと悩んでいる方もいると思います。そんな方に小さい子供から大人まで大人気のポケモンシリーズ最新作『ポケットモンスタースカーレット・バイオレット』はどうでしょうか?オープンワールドで自由に冒険することが出来、コマンドバトルの為、初心者でも焦らずプレイすることが可能です。そして、舞台となるパルデア地方は広大なので、地図をみながら親子で行き先を相談しながら冒険を進めることが出来ます。

そこで今回は『ポケットモンスタースカーレット・バイオレット』のレビューを紹介します。

基本情報

  • 発売日:2022年11月18日
  • 対応機種:Nintendo Switch
  • 価格:パッケージ版・6578円(税込)/ダウロード版・6500円(税込)
  • 追加コンテンツ:ゼロの秘宝
  • ジャンル:RPG

本作は日本で長年愛されている『ポケットモンスター』シリーズを手掛けるゲームフリークが制作した大人気シリーズの最新作です。

シリーズ第1弾は1996年に発売され、25年以上人気が続いています。長年人気があり、前作の『ポケットモンスターソード/シールド』から5年ぶりの「ポケットモンスター」シリーズ待望の新シリーズです。

ストーリーと特徴

パルデア地方を舞台に、最大都市テーブルシティの歴史ある学校に入学した主人公。そして学校の課外授業である「宝さがし」をきっかけにパルデア地方を自由に旅にします。自由に冒険し、ポケモントレーナーとのバトルや野生のポケモンたちと出会いを経て、自分だけの宝物を探し出しましょう。シリーズ初となるオープンワールドとなっています。

更にストーリーも決められた順序はありません。各地のジムを巡る「チャンピオンロード」。珍しい食材を求めて、主ポケモンを探す「レジェンドルート」。学校の問題児を掃討する「スターダストストリート」。広大なパルデア地方。自由に巡ってクリアしていくことが出来るので、今までの『ポケモンシリーズ』ではなかった自由度の高い冒険が楽しめます。又バトルでは、「テラスタル」によりポケモンのタイプを変更することが可能となり、バトルの幅が広がっています。

スカーレットとバイオレットの違い

ストーリー

レジェンドルートで戦う主ポケモンが違うなどはありますが、大きな差はありません。

服装

スカーレットとバイオレットでは、学園の制服は同じですが、色が違います。

ポケモン博士

スカーレットでは、派手めな姿をした女性のオーリム博士。バイオレットでは、感情があまり表情に出さない男性のフトゥー博士が登場します。

移動手段

スカーレットでは「コライドン」バイオレットでは「ミライドン」にそれぞれライドして移動が可能となります。

出現するポケモン

野生のポケモンに一部違いがあります。その為、図鑑を完成させるためにはオンラインなどによるポケモン交換、もしくはレイドバトルへの参加は必要となります。

評判 口コミ レビュー

オープンワールドで自由なストーリーの為、次はここに行かないと行けないと決められておらず、自分で目指したい所に行きながらプレイ出来るのは、良かったようです。又バトルでは、新しい特性や道具、そしてテラスタル登場により、更に読み合いが激化して戦略の幅が広がりました。

今回の移動手段となる「コライドン」「ミライドン」は、イベントをクリアしないとなみのりや滑空、崖登りなどが出来ないので最初は移動が大変。又、パルデア地方が広大で、自由に冒険が出来るけど、レベルの適正値が分かりにくく、突然レベルが高い地帯に入ってしまうので冒険のしにくさを感じたという意見が目立ちました。

感想

新しいポケモンとの出会いは何度体験しても胸が踊りました。今作でも100体近くの新ポケモンがいるようです。そしてポケモンのグラフィックも綺麗でかなりリアルに感じられました。テラスタルする姿は、迫力があり子供に何度も野生のポケモンで無駄にテラスタルさせられました。親子で楽しくプレイしながら冒険を進められるのは嬉しいですね

ゲームをやるメリット

メリット

  • 部屋がおもちゃで散らからない
  • ポケモンの知識が身につく
  • 複雑なタイプ相性を理解することで、バトル戦略を考える力がつく
  • 手持ちのポケモンは6体の為、取捨選択する決断力が身につく

デメリット

  • ずっとやってしまう
  • 時間制限の設け方が難しい

おすすめな人

子供から大人まで楽しめる作品となっています。中でも親子で遊ぶのにおすすめです。今までのポケモンシリーズではストーリーがあらかじめ決められているので、向かう順路もほぼ決まっていました。しかし、今回はオープンワールドで自由に動き回れるので、パルデア地方を右へ左へ移動し、山に向かったり、砂漠に向かったりとポケモンをGETするだけでなく親子で・・

親「今日どこ目指そうか?」

子「砂漠に向かって、レジェンドルートをクリアしよう」

親「オッケー」

など相談しながら冒険を楽しむことができます。

まとめ

今回はゲーム初心者必見!親子で楽しめる『ポケットモンスタースカーレット・バイオレット』レビューを紹介しました。

シリーズ初のオープンワールドで自由度が増した『ポケットモンスタースカーレット・バイオレット』。自由に冒険をして、自分だけのストーリーを描いていきましょう。

更に現在はレイドバトルが発生していますので、過去作のポケモンたちが出現するイベントも発生しており、GETには今がチャンスです。気になった方はまず、お店で作品を見てみたり、公式サイトからPVを見てみるのはいかがでしょうか。きっと素敵なポケモンとの出会いがあると思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました